ボトルのノルマには注意!

一人暮らしでウォーターサーバーを選ぶ時の注意点とは?

毎日飲む水にはこだわりたい、料理をする時に良い水を使い美味しいご飯を作りたい、という一人暮らしの方でウォーターサーバーを自宅に設置しようとお考えの人もいるのではないでしょうか。一人暮らしの人がウォーターサーバーを使う時には色々と注意して置かなければいけない点があります。まず基本的にウォーターサーバーは3~4人の家族向けの物が多いです。一人暮らしの家にはサイズが大きすぎたりして、生活スペースが圧迫されてしまうといった可能性があります。他にも、メーカーによっては不在の際にボトルを玄関の前に放置されてしまう事があるという点です。水の配達の際に宅配業者を使用している所は再配達してくれますが、宅配業者を使用していない所はそうしたことがありますので、その点も確認の上サーバーを選びましょう。

一人暮らしは購入ノルマにも要注意!

一人暮らしでウォーターサーバーを設置する際、特に気を付けなければならないポイントに、水の購入ノルマがあります。ノルマとは、一度に注文しなければならない水の最低限の量の事です。メーカーによってはノルマがない所もありますが、多くの所はノルマがあります。飲みきれない場合は注文を休止することも出来ますが、2回目以降は注文の休止をすると料金を取られるところも多いです。自分がどれだけ一月に水を使うかという事をよく考えた上でウォーターサーバーを選ぶ必要があります。一人暮らしの場合で自炊をしないなどといった場合にはノルマなしの物を選ぶというのも1つの手段ですが、ノルマが無い場合、無料のサーバーのレンタル料がかかったり、注文を忘れると水のストックが切れてしまうというデメリットもあります。自分のライフスタイルに適したものを選ぶことが大切です。

水のサーバーでは主に、純水・RO水・天然水の3種類の水が使用されています。純水とRO水は、純度がとても高い不純物がほぼ取り除かれた水です。天然水は、飲用の基準に適した水にするために加熱処理等をしています。